2月15日(土)は柏TKPシアターで「ペコロスの母に会いに行く」のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。本日は2月のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。
今回は、キネマ旬報が選ぶ2013年度の邦画部門で見事第一位に選ばれた「ペコロスの母に会いにゆく」のバリアフリー上映会をTKPシアター柏にて開催いたします。

以下の内容をご確認の上、是非皆様のご参加をお待ち申し上げております。
(1)日時:2月15日(土)上映開始時間は10時40分。
(2)場所:TKPシアター柏にて。
(3)観賞料金は一律おひとり千円。
(4)集合時間:10時に劇場ロビーまでお越し下さい。尚、柏駅からの誘導ご希望の方はお申し付け下さい。
(5)ここで、作品内容を少し。
まずは題名にある「ペコロス」とは直径3~4cmの大きさの小型のタマネギを意味し、原作の著者である岡野雄一さんのニックネームなんだそうです。小柄な体型であることと、ツルツルの頭が由来だとか。

次に作品内容を以下に。
▼自分が経験したことをヒントに描いたエッセイコミックを実写化したヒューマンドラマ。認知症の老いた母親とその息子が織り成す、笑いと涙にあふれた触れ合いをつづっていく。メガホンを取るのは、『時代屋の女房』『ニワトリはハダシだ』などのベテラン監督・森崎東。テレビドラマ「3年B組金八先生」シリーズなどの赤木春恵、数多くの出演作を持つ岩松了が主人公の母子を熱演する。老いや認知症を肯定する前向きなストーリーとテーマはもとより、舞台となる長崎や九州各所の美しい景色も見どころ。

ストーリー:長崎で生まれ育った団塊世代のサラリーマン、ゆういち(岩松了)。ちいさな玉ねぎ「ペコロス」のようなハゲ頭を光らせながら、漫画を描いたり、音楽活動をしながら、彼は父さとる(加瀬亮)の死を契機に認知症を発症した母みつえ(赤木春恵)の面倒を見ていた。迷子になったり、汚れたままの下着をタンスにしまったりするようになった彼女を、ゆういちは断腸の思いで介護施設に預けることに。苦労した少女時代や夫との生活といった過去へと意識がさかのぼっている母の様子を見て・・・・彼の胸にある思いが去来する。

キャスト
岩松了
赤木春恵
原田貴和子
加瀬亮
竹中直人
大和田健介
松本若菜
原田知世
宇崎竜童
温水洋一
穂積隆信
澁谷天外
春風ひとみ
根岸季衣
長澤奈央
大門正明
佐々木すみ江
正司照枝
島かおり
今井ゆうぞう
長内美那子
志茂田景樹


以上ですが、主演の赤樹春恵さんが見初主演最高年齢でギネスブックに認定された作品をご一緒に観賞しませんか。

参加ご希望の方は
①お名前、ハンドルメームでも構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別でお願いします。
③当日、柏駅からの誘導、若しくはご案内が必要な方はお申し付け下さい。
④ラジオ貸し出し希望の台数。ご自分のラジオをご持参いただければ幸いですがその場合は周波数88,5に合わせて下さい。イヤホーンもお忘れなく。
⑤当日の緊急連絡のための携帯番号。
⑥終了後の懇親会への参加ご希望のかたはお申し込み下さい。詳細は改めてお知らせいたします。
以上をご記入の上、申し込み専用アドレス:k.mstk420@gmail.comまで、若しくは今野の携帯電話:090-7286-6190までお願いいたします。それでは皆様のご参加をお待ちしております。

2月19日(水)盲導犬チャリティ・コンサートのご案内です。

チーム柏の今野です。
今回は私達の仲間である盲導犬ユーザーの森さんとアイメイトのシェリーちゃんから以下のようなご案内がありました。お一人でも多くの方に知っていただきたいと思いますので、私から転送させていただきます。お越しになられる方は、ご一緒いたしましょう。また、参加できない方にもこのような取り組みがあることだけでも知っていただければ幸いです。

ではここから、
▼【盲導犬チャリティー】
いちかし吹奏楽出身、プロのミュージシャンとして活躍する清水亮(りょう)Ts、野上孟Drが夢の共演 高森篤子バースデイコンサート
日時: 2月19日(水) 14時開演(13時15分開場)
場所: アミュゼ柏 クリスタルホール
参加費: 一般2千円、障害者・付添ペア券3千円(全席自由)
経費を除いた売り上げを盲導犬普及活動に寄附します。
出演: 水橋孝(バス) 日本ジャズベース協会長、ジャズ界の重鎮
青木タイセイ(トロンボーン) 熱帯ジャズ楽団 あまちゃんのテーマ演奏、アレンジャーとしても活躍
竹内恵里(ピアノ) シャンソン・タンゴ・ジャズ…オールラウンドプレイヤー
児玉昌樹(ギター) すーぱーギタリスト 深緑(ふかみどり)夏代氏 他 共演
高森篤子(ボーカル) 北野道彦賞、私立柏高校吹奏楽部とも共演を続ける
後援: 柏市、柏市教育委員会、柏市社会福祉協議会、松戸みどりライオンズクラブ
主催: シャンソンと童謡の会
共催: 盲導犬を普及させる会

以上です。ご興味のある方、ご参加の申し込みをされる方は、今野までご連絡若しくはお問い合わせ下さい。それでは毎回色々なご案内ですが、何卒ご容赦下さい。

「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会、無事終了することができました。皆様、心より感謝申し上げます。

昨日(18日)に開催した、流山おおたかの森・TOHOシネマズでの「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会は無事終了することができました。
今回は、初めての劇場ということもあり、また、約110名程の参加者が来られるということで、私を含めて多少不安なこともありました。しかし、いざ当日には、多くのボランティアの方々、そしてチーム柏のスタッフ、また視覚障害者のガイドでこられた方々、全ての皆様のご協力をいただき、この素晴らしい作品を観賞することができました。そして、色々とご配慮をいただいたTOHOシネマズさんには心より感謝申し上げます。

また、今回はチーム柏の自前のラジオ15台のデビューの記念日となりました。これまで、上映会の際、私から「ワンコイン募金」のお願いもしまして、また様々なサークルからのご寄付もいただき、今回15台のラジオを購入することができました。皆様からの浄財、大切にしていくつもりです。まだまだ、ラジオの台数は足りませんが、一歩ずつ、一台ずつ増えていければと思っております。
是非、上映会にお越しいただいた際には「ワンコイン募金」をお願いできればと願っております。それでは、遠くから来られた皆様、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

1月31日(金)TKPシアター柏でのイギリス映画「アンコール」のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。おはようございます。
今回も次回のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。昨日「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会が終了したばかりですが何とぞ御容赦下さい。
それでは、次回はTKPシアターに戻って、檀鼓太郎さんのライブガイドでの開催となります。ではここから内容です。皆様のお申し込みをお待ち申し上げております。

(1)日時:1月31日(金)上映会市は10時40分。10時までにお越し下さい。
(2)場所:TKPシアター柏にて
(3)上映作品」イギリス映画「アンコール」昨年6月公開作品。
(4)今回は皆様お待ちかねの、檀鼓太郎さんのライブガイドでお楽しみいただきます。尚、字幕盤ですが、檀さんがお一人でセリフからガイド音声まで大活躍される「ハイブリット音声ガイド」です。どうぞお楽しみにして下さい。
(4)料金:全ての方、千円となります。
(5)ここで作品紹介を少し。檀さんそして今野のお薦めの一本です。
▼映画『アンコール!!』
◎作品紹介
“アンコール!!”それは、あなたを呼び戻 す声。
客席に<拍手と感動>の魔法が降り注ぐ、想定外のカムバック・エンタテインメント!!
2012年、トロント国際映画祭。クロージング作品の上映終了後、会場は涙と笑顔で溢れていた…。いよいよ日本にもその感動がやってくる!

イギリスが生んだ世界的名優テレンス・スタンプと、ヴァネッサ・レッドグレイヴを迎え、英国アカデミー賞新人賞ノミネートの新鋭ポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督が、みずから脚本も手がけた半自伝的物語。

ポップやロックを歌う合唱団を舞台に、一組の老夫婦とその家族や仲間たちが、何かに傷つきながらも<もう一度人生を楽しむ>、共感度100%の愛すべき【カムバック・エンタテインメント】が、ここに誕生し た。

大切な人のため。自分のため。人生の輝きを取り戻すのに、遅すぎることなんて絶対ない。
胸を打つ“歌”の数々、元気と勇気がわきあがる予想もつかない結末に、涙の大拍手!

世界中に数々の合唱団が実在するが、本作の“年金(ネンキン)ズ”が歌うのは、懐かしいロックやポップのヒット曲。
シンディ・ローパーの「トゥルー・カラーズ」、スティーヴィー・ワンダーの「サンシャイン」、そして、ビリー・ジョエル、ルーファス&チャカ・カーン・・・などなど。誰もが一度は聞いたことがあるメロディに、思わず 一緒に歌い、踊り出したくなってしまう。
さらに、エンディングを締めくくる主題歌は、『タ イタニック』でも有名な世界の歌姫セリーヌ・ディオン。
本作のために書き下ろした新曲“Unfinished Songs(終わらない歌)”が放つ力強い光は、映画 を観終わった後も心を明るく照らし続けてくれる。


◎あらすじ:
頑固じいさんが歌う、世界でいちばん 不器用で、世界でいちばん泣ける歌。

舞台は、ロンドン。
無口で気難しいアーサーは、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャクしている。唯一、笑顔を見せるのは、最愛の妻マリオンにだけ。
病弱だが陽気なマリオンの趣味は、ロックやポップに挑戦するちょっと変わった合唱団“年金(ネンキン)ズ”で歌うこと。
ある日、“年金ズ”が国際コンクールのオーディションに出場することに!
しかし、喜ぶマリオンに、なんとガンが再発したという告知が…。
練習に行けないマリオンのたっての頼みで、アーサーは、妻の代わりに渋々合唱団の扉を叩く。
美人なのに恋愛ベタな音楽教師エリザベスや、個性派だらけの仲間との出会いは、アーサーの毎日を思いもよらない方向へ連れて行く・・・。
間近に迫ったコンクール。
マリオンがアーサーにどうしても伝えたかったこととは?そして、自分の殻に閉じこもっていた72歳のアーサーを待ち受ける、新たな人生のステージとは…?!

以上、どうぞお楽しみに!

以上ですが、是非皆様と感動したい作品です。
それでは、以下をご確認の上、申し込みまたはお問い合わせは、このメールに返信、若しくは今野の携帯:090-7286-6190までお願いいたします。
①お名前。ハンドルネームでも構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別をお知らせ下さい。
③柏駅から誘導希望のかた、または柏駅での集合を希望される方はおお申し付け下さい。
④終了後のお茶会(ランチですが)への参加希望者はお申し込み下さい。

それでは皆様の参加お申し込みをお待ちしております。また、このメールでのご案内が届かない方もおられますので、お知り合いの方でご興味のある方にもお伝えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。:チーム柏今野

柏おおたかの森「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会にお申し込みをされた皆様へ。

チーム柏の今野です。この度は、18日(土)の「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会に参加申し込みをいただき誠にありがとうございました。
いよいよ今週の土曜日となりましたが、やっと、上映時間の打ち合わせができました。長らくお待たせいたしました。ただし、シネコンの性質上、より正確な時間については三日前の14日(火)になるとのことです。何卒ご理解下さい。そのため、改めてもう一度ご連絡を差し上げますのでよろしくお願いいたします。

それでは、以下にご案内申し上げます。お願いとご注意を含めましてお知らせいたします。

①上映会開始の時間は11時から12時の間となります。
②上映スクリーンへの入場は30分前からです。お席につかれましたら、この間にトイレや飲み物等の購入時間にお使い下さい。
③そのため、上映時間の40分前に、駅改札前の広場か、映画館前のロビーに集合して下さい。
尚、駅改札前広場と映画館前のロビーには、チーム柏のスタッフが待機しております。
④誘導希望で、お一人でお越しいただく方は、TX改札前でそれぞれの担当者がお待ちしております。駅員さんにもお声かけをしておきますので、ご安心下さい。
尚、待ち合わせの時間については、改めて14日にお知らせいたします。一応の目安として10時30分前後と考えております。
⑤柏駅からご一緒される方にも、待ち合わせの時間については改めて14日にご案内いたしますのでよろしくお願いいたします。一応の目安として、10時丁度と考えております。

次に、おおたかの森駅と映画館の説明をさせていただきます。

①TXと東武野田線の改札は、向かいあっております。この広場は建物の2階となっております。
②直接映画館にお越しいただく方は、隣接するショッピングビルの3階になっております。連絡通路の右側のエレベーターで3階までお越し下さい。
③集合時間までの間にお待ちいただく場所として、東武野田線改札の隣にフードコートがあります。収容人数は約250席ですので、ゆったりお待ちいただけると思います。
ちなみに、以下の飲食店が入っております。
「ヴィ・ド・フランス」 「ペッパーランチ」「吉野家」「ケンタッキーフライドチキン」「らあめん花月嵐」「モスバーガー」「ミスタードーナツ」。
その他、他にも色々と飲食店があります。待ち合わせの時間まで、お待ち下さい。

次に、お願いと注意事項です。
①劇場内には一切の飲食物の持ち込みはできません。ペットボトルも含めてよろしくお願いいたします。是非、劇場のショップをご利用下さい。
②入場時には、障害者手帳の提示を求められるかもしれません。あらかじめ、お手許にご用意下さい。
③貸し出し用ラジオは用意しておりますが日頃お使いになっておられる携帯ラジオをご持参いただければ幸いです。その際、周波数は88,5HZに合わせて下さい。もちろん、チーム柏のスタッフがお手伝いいたします。イヤホーンもお忘れなく。

以上ですが、今回は百名を超える方々にお越しいただく予定となっておりますので、全員で移動することは難しいと思います。ある程度、グループに分けての集合になりますので、ご協力とご理解をお願いいたします。
それでは、このメールをそれぞれ皆様のアドレスにお送りいたしますが、送信漏れのないように、複数のMLにもお送りいたしますので、必要のない方には申し訳ありませんがご了承下さい。
それでは、14日の最終のご案内をお待ち下さい。
プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR