7月5日土曜日おおたかの森TOHOシネマズでの「春を背負って」バリアフリー上映会の上映時間が決まりました。‏

チーム柏の今野です。
今週末7月5日土曜日、おおたかの森TOHOシネマズで行われる「春を背負って」のバリアフリー上映会の時間が正式に決定いたしました。参加申し込みをされている皆様、大変お待たせいたしました。
以下をご確認の上、それぞれの場所へお越し下さい。そして、まだまだ参加の申し込みをしておりますので、よろしくお願いいたします。

それでは、以下に。
(1)上映開始時間は11時30分です。
(2)劇場ロビーへ直接お越しの方は、10時50分頃までにお越し下さい。
(3)流山おおたかの森駅からの誘導・案内をご希望の方は、10時40分ごろまでに改札前にお越し下さい。
(4)柏駅からの誘導・案内をご希望の方は、ご連絡下さい。待ち合わせ時間等を打ち合わせをさせていただきます。

尚、当日何かありましたら、今野の携帯090-7286-6190までにご連絡下さい。それでは、当日の空
模様が気になりますが、お気を付けてお越し下さい。

柏市立高等学校ブラスバンドのサマーコンサートにバリアフリーでの観賞が実現いたします。

チーム柏の今野です。
本日は特別のご案内です。詳しくは、この後述べさせていただきますが、今回のバリアフリー開催については、人数の制限がありますので、誠に申し訳ありませんが、これまでチーム柏のバリアフリー上映会にご参加いただいた視覚障害者の方々に、まずはご案内とさせていただきます。何卒ご了承下さい。

それでは、ここから本文です。
昨年5月にバリアフリーシネマサークルを立ち上げまして、皆様のご協力とキネマシアターのご理解、そしてお手伝いいただくチーム柏の皆様のお陰で、この活動も広く知っていただけることとなりました。そんな活動の中で、映画以外にもバリアフリーにて楽しむことも沢山あるのではないかと思っておりました。例えば音楽、コンサートも会場の様子や、舞台の情景を詳しい説明などがあれば、私達、視覚障害者にとって、より一層楽しめるものではないかと思いました。
そこで、昨年夏ごろになるでしょうか、私の思いつきではありましたが、日本一のブラスバンドである、市立柏高等学校ブラスバンドの石田先生に手紙をしたためまして、私の想いを伝えました。早速、石田先生より連絡があり、ご理解をいただき、来年には是非、バリアフリー音声ガイドにて視覚障害者の方々にも楽しんでいただけるようにしますとのご返事をいただいておりました。

そして、あれから1年、そんな、夢のようなことが実現します。毎回、プラチナチケットであるため、なかなか手に入ることのないサマーコンサートに、視覚障害者のために、席を確保していただけました座席数には限度がありますので、以下の内容をご覧の上、お申し込み下さい。尚、先着順になるかもしれませんが、何卒ご了承下さい。

▼柏市立高等学校ブラスバンド・サマーコンサート。のご案内。
(1)日時:8月2日(土)と3日(日)の両日。開場は15時。開演は15時30分より、約2時間。
(2)会場:野田市市民会館大ホール:東武野田線野田駅より徒歩8分。今年は柏文化会館が改装工事中ですので、野田市にて行います。
(3)料金:お一人800円。
(4)当日のライブガイドは、おなじみ檀鼓太郎さんが来られます。ご本人は、映画以外にもブラスバンドなど、音楽にも精通しておられるとのことです。どうぞ、お楽しみ下さい。
(5)尚、今回は両日とも、それぞれ22名分のお席を用意していただいております。そのため、ガイドヘルパーさんはホールロビーにてお待ちいただくことになるかも知れません。ラジオを通じて開場内の様子は聞くことができるとは思いますが、何卒ご理解下さい。また、野田駅からの誘導をご希望の方はご相談下さい。

それでは、
①お名前。
②ご希望の日。
③誘導をご希望のかたは柏駅から、もしくは野田駅からをお知らせ下さい。
以上を、このメールへ返信、若しくは、今野の携帯:090-7286-6190にお願いいたします。それでは、日本一のブラスバンドの演奏とマーチングバンドノパフォーマンスのコンサートをご一緒に楽しみましょう。

7月20日(日)キネマ旬報シアターにて「チョコレートドーナッツ」のバリアフリー上映会のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
19日の「猫侍」には多くの皆様にお越しいただき無事終了することができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。次回の開催は、7月5日(土)「春を背負って」です。まだまだ、お申し込み受付中ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

さて、本日は新たに、バリアフリー上映会のご案内に出て参りました。今回の作品は、全米映画祭絶賛!観客賞総ナメの感動作、「チョコレートドーナツ」僕たちは忘れない。ぽっかりと空いた心の穴が愛で満たされた日々を、キネマ旬報シアター柏にて開催いたします。以下の詳細をご確認の上、皆様のお申し込みをお待ちしております。

以下、本文です。
(1)日時:7月20日(日)11時45分より上映開始。30分ほど前に、劇場までお越し下さい。尚、柏駅からの誘導や道案内をご希望の方はお申し付け下さい。待ち合わせ時間等を改めて打ち合わせをいたします。
(2)場所:キネマ旬報シアター柏。スクリーン1にて。
(3)料金:障害者及び同行者は、千円。尚、当日は、キネ旬デーですので、全ての方が、お一人1100円でご鑑賞いただけます。
(4)今回は、あらかじめ制作していただいた、音声ガイドにてお楽しみいただきます。吹き替えも作成しておりますので字幕を読みずらい方も、ご安心下さい。
(5)上映作品:「チョコレートドーナッツ」解説
同性愛に対して差別と偏見が強く根付いていた1970年代のアメリカでの実話をもとに、育児放棄された子どもと家族のように暮らすゲイカップルの愛情を描き、全米各地の映画祭で観客賞を多数受賞したドラマ。カリフォルニアで歌手になることを夢見ながら、ショウダンサーとして日銭を稼いでいるルディと、正義を信じ、世の中を変えようと弁護士になったポール、そして母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコは、家族のように寄り添って暮らしていた。しかし、ルディとポールはゲイであるということで好奇の目にさらされ、マルコを奪われてしまう。

全米映画祭絶賛!観客賞総ナメの感動作以上をご確認の上、
①お名前若しくはハンドルネームでも構いません。
②参加人数。出来れば視覚障害者と晴眼者の別をお教え下さい。
③柏駅からの誘導や道案内をご希望の方は申しつけ下さい。
④初めての参加の方で結構ですので、当日連絡の取れる携帯電話があればお教え下さい。

それでは、参加申し込みは、このメールに返信、若しくは今野の携帯:090-7286-6190にお願いいたします。尚、このメールは転送大歓迎です。是非、お知り合いの方にもバリアフリー上映をお伝えいただければ幸いです。
それでは、お一人でも多くの方と感動作を観賞できることを、チーム柏スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

7月5日土曜日「春を背負って」のバリアフリー上映会のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
本日は、今、話題の「春を背負って」のバリアフリー上映会の開催のお知らせに出て参りました。チーム柏としまして、6月19日木曜日の「猫侍」の開催も控えておりますが、これもまだまだ申し込みを受け付け中ですので、両方とも、是非ご検討をよろしくお願いいたします。それでは、ここから本題です。

(1)日時:7月5日土曜日昼前後の回を希望しております。尚、上映開始時間については、決まり次第改めてお知らせいたします。
(2)会場:おおたかの森TOHOシネマズ。今回は、いつものキネマ旬報シアター柏では御座いません。柏駅ではなく、つくばエキスプレスの流山おおたかの森駅となります。1月に開催した「永遠のゼロ」の会場です。
(3)料金:視覚障害者及び同伴者はお一人千円です。
(4)ガイド方式は、配給側にて制作済の録音盤にてご鑑賞下さい。
(5)上映作品:「春を背負って」2014年。日本、116分。ここで、少し作品内容を・・・

→日本映画史に残る数々の名作を手掛けてきた名キャメラマン・木村大作。
その彼が初めて監督した09年公開の『劔岳 点の記』は、木村監督にしか撮れない雄大な自然と、それに翻弄されながらも自分たちの仕事をやり遂げる人間たちの姿を余すところなく描き、大ヒットを記録した。
あれから5年??木村監督の最新作『春を背負って』は、笹本稜平の同名小説を原作に、父から子へと受け継がれる想い、仲間を想う人間たちにスポットを当て、山に生きる人々の”家族“の物語が描かれる。
木村監督にとって撮影する場所の選定は作品を左右する重要なポイント。

今回は原作の舞台・奥秩父を、立山連峰の3000mを超える大汝山に建つ山小屋へと変更。その山頂から見える360度の大自然を背景に、美しい四季の移ろいを映し出している。また「人は皆、何かを背負って生きていくしかない」という木村監督の人生哲学に、高地の山小屋は様々な想いを背負った人がたどりつく場所としても相応しい舞台と言えるだろう。

それでは、以上をご確認の上、参加ご希望の方は、
①お名前、又はハンドルネームでも構いません。
②参加人数。出来れば視覚障害者と晴眼者の別でお願いいたします。
③今回初めての参加申し込みの方だけで結構ですが、当日連絡の取れる携帯番号があればお願いいたします。
④上映開始30分前までに直接劇場までお越しいただければと思いますが、つくばエキスプレス流山おおたかの森駅、若しくは柏駅からの誘導、案内をご希望の方はお申し付け下さい。

それでは参加ご希望の方は、このメール:k.mstk420@gmail.comへ返信、若しくは今野の携帯:090-7286-6190まで、お申し付け下さい。
皆様のご参加、チーム柏一同、心よりお待ち申し上げております。

6月19日(木)柏キネマ旬報シアターでの「猫侍」バリアフリー上映会のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
本日は、次回のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。今回の作品、ぐっと趣向を変えて、時代劇コメディーをお楽しみいただければと思います。
犬好き派、猫好き派はもちろん時代劇好きの皆様檀鼓太郎さんのライブガイドで梅雨の時期、笑い飛ばしませんか。

それでは、ここから本文です。
(1)日時:6月19日(木)11時45分上映開始。11時ぐらいまでに劇場ロビーにお越し下さい。尚、柏駅からの誘導、案内をご希望の方は申しつけ下さい。
(2)場所:TKPシアター改め、キネマ旬報シアター・スクリーン2。
(3)料金:障害者及び同伴者は、お一人千円。
(4)ここで少々、作品の紹介を・・・

:かつてない動物×時代劇のコラボで贈るまったく新しい癒され剣客ムービー誕生
[あらかじめご注意の上、ご覧ください]猫が侍になる映画ではございません。
[つぶらな瞳が、“武士魂”を一刀両断!コワモテの剣豪が猫にツンデレ!?新感覚「癒し動物時代劇」ここに見参!]
主役の斑目久太郎を演じるのは、確かな演技力と強烈な個性を併せ持つ実力派・北村一輝。白猫に振り回され久太郎の心の声(悲鳴)はさらに加速する。
また、物語のバイプレーヤー白猫の玉の丞もスクリーン狭しと大暴れ。その愛くるしい姿は動物好きならずとも心奪われるものとなっている。
そして映画版オリジナルのキャストとしてヒロインに蓮佛美沙子、敵役に寺脇康文を配し、EDO WONDERLAND日光江戸村の全面協力によりリアリティ溢れる日本最大級の江戸の街並みの中で全編を撮影した時代劇コメディーをご堪能下さい。

それでは、ご参加希望の皆様は以下の容量にてお申し込み下さい。
①お名前、またはハンドルネームでも構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別をお知らせ下さい。
③今回初めてのお申し込みの方だけで結構ですが、当日ご連絡の取れる携帯番号をお知らせ下さい。
④柏駅からの誘導、案内をご希望の方はお申し付け下さい。待ち合わせ時間等については改めて打ち合わせをさせていただきます。

以上を、このメール:k.mstk420@gmail.comに返信、若しくは今野の携帯:090-7286-6190までにお願いいたします。尚、このメールは転送大歓迎です。ご興味のあるお知り合いにご案内いただければ幸いです。それでは、皆様のお申し込みをチーム柏一同お待ちしております。
プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR