6月21日(日曜日)の、「おかあさんの木」の上映時間が決まりました。‏

チーム柏の今野です。
先日、ご案内を差し上げておりました、6月21日(日曜日)の「おかあさんの木」の上映開始時間が決まりましたのでお知らせに出て参りました。この時期、素晴らしい作品が目白押しですが、是非、この感動作品もお見逃しなく。
また、今回の劇場、ムービックス柏の葉は、ライブガイドでの上映を快く受け入れていただきました。また今後も色々とご検討していただいており、例えばシネマ歌舞伎なども上映していただけるとのことです。この記念すべき第一回目を是非皆様で盛り上げていただけますよう、心よりお願い申し上げます。

それでは、以下にご案内です。
(1)日時:6月21日(日曜日)10時30分より上映開始です。30分前まで劇場ロビーにお越し下さい。
(2)場所:ムービックス柏の葉。つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅下車。(料金:障碍者、同伴者はお一人千円です。
(4)上映作品「おかあさんの木」前回のご案内で少し解説をしましたので、今回は劇場予告編のアドレスです。よろしければご覧下さい。https://www.youtube.com/watch?v=snvD1gdEdec:

ご案内はここまでです。まだまだ、参加申し込みが少ない状態です。多くのご参加、お待ち申し上げております。尚、柏の葉キャンパス駅からの誘導・案内をご希望の皆様へ、
①駅改札は一箇所です。
②快速は停車しません。
③劇場へは、数分ですので、当日は9時50分頃までにご到着下さい。それでは、皆様よろしくお願い申し上げます。

6月21日(日曜日)は、「おかあさんの木」チーム柏バリアフリー上映会のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
本日は引き続き感動セレクション第二弾のご案内をさせていただきます。今回の作品は、戦後70年という節目に当たる2015年初夏、すべての子供を戦争に奪われたおかあさんの愛が、おかあさんを想うこどもたちの愛が、観客の頬を熱く濡らす"泣き"のエンタテインメント作品、鈴木京香主演の「おかあさんの木」をお送りいたします。

それでは、ここから。
(1)日時:6月21日(日曜日)午前中の回となります。正式に決定しましたら改めてお知らせいたします。
(2)場所:ムービックス柏の葉。つくばエクスプレス柏の葉下車すぐ。
(3)料金:障碍者、同伴者、及び、お一人で参加される障害者のサポートをお手伝いいただけながらチーム柏として参加していただく晴眼者の方は、お一人千円。
(4)当日は、鈴木大輔さんのライブガイドにてお楽しみいただきます。この劇場、チーム柏としてはキネマ旬報シアター柏に続き、2館目の ライブガイドを受け入れていただけることとなりました。多くの皆様のお越しをお待ちしております。
(5)上映作品:劇場公開日 2015年6月6日。配給東映「おかあさんの木」114分。
ここで少し解説を、

小学校の国語教科書で長年にわたって愛され続けてきた大川悦生の同名児童文学を鈴木京香主演で映画化し、戦争で引き離された母と息子たちの普遍的な愛を描いたヒューマンドラマ。長野県の小さな村で暮らす女性ミツは、以前から想いを寄せていた謙次郎と結婚して7人の息子に恵まれ、貧しいながらも幸せな日々を送っていた。
そんなある日、謙次郎が突然の心臓発作で他界。さらに数年後、たくましく成長した息子たちを次々と兵隊にとられてしまう。ミツは息子を戦地へ送り出すたびに桐の木を1本ずつ庭に植え、彼らの帰還を待ち続ける。、、、、、。

それでは、ご鑑賞希望の方は、
①お名前。代表者の方で構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別でお願いします。
③今回が初めての参加の方のみ、携帯番号をお知らせ下さい。
④つくばエクスプレス柏の葉駅からの誘導、案内をご希望の方はお申し付け下さい。

以上を、このメールに返信、若しくは今野の携帯番号090-7286-6190までに、お申し込みお問い合わせ下さい。それでは、皆様のご参加をお待ち申し上げております。尚、次回のご案内は、6月28日(日曜日)キネマ旬報シアター柏にての「イマジン」のご案内を差し上げます。

6月14日(日曜日)チーム柏のバリアフリー上映会「あん」のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
昨日は、6月14日(日曜日)の「あん」のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。今、まさに開催中の第68回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門オープニング作品に選ばれたこの作品、絶対のお薦め作品です。5月30日の全国一斉公開と同時に、関東地区のイオンシネマ4館でバリアフリー上映会を開催しますが、ご都合の合わなかった方、是非、柏までお越しになりませんか。

それでは、ここからご案内です。
(1)日時:6月14日(日曜日)10時丁度から上映開始となります。9時30分頃まで劇場ロビーにお越し下さい。
(2)場所:キネマ旬報シアター柏。スクリーン1です。
(3)料金:障碍者、及び同伴者、そして、お一人で参加される視覚障害者のサポートなど、チーム柏のお手伝いをいただける方は、千円です。
(4)今回も、おなじみ、ダン・コタロウさんの、ライブガイドにてお楽しみいただきます。
(5)上映作品:5月30日全国公開「あん」。ここで少し解説を、

「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。
あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。
おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる、、、、。

ご案内は以上です。それでは、鑑賞ご希望の方は、
①お名前。代表者のみで構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別をお知らせ下さい。
③今回が初めて参加される方のみ、携帯番号をお願いいたします。
④柏駅から、誘導、案内をご希望される方はお申し込み下さい。
⑤上映終了後に、懇親会を兼ねてランチをいたします。参加ご希望の方は、お申し込み下さい。

以上をご記入の上、このメールに返信、若しくは今野の携帯090-7286-6190までにお申し込み、お問い合わせ下さい。それでは、この感動作品、各劇場でのご都合のよい日に、是非ご参加下さい。追伸、次回チーム柏セレクション感動作品の第二弾は、これも戦後70年記念作品の感動作品「おかあさんの木」のご案内をいたします。6月21日(日曜日)ムービック柏の葉にて。これもご期待下さい。

チーム柏の6月の予定です。‏

チーム柏の今野です。
今回は6月のバリアフリー上映会の予定をご案内に出て参りました。皆様には、ガイドヘルパーさんのお手配もございますので、チーム柏として出来るだけ早めのお知らせをと思っております。皆様、何かとお忙しいとは存じますが、ご予定に入れていただければ幸いです。尚、それぞれの回についての詳しい案内は、改めて差し上げますのでよろしくお願いいたします。それでは、ここから。

(1)6月14日(日曜日)。キネマ旬報シアター柏にて「あん」。10時丁度の回。
(2)6月21日(日曜日)。ムービックス柏の葉にて、「おかあさんの木」午前中の回となります。この劇場では、今回が初めてライブによるバリアフリー上映会を受け入れていただきました。皆様、是非盛り上げて下さい。
(3)6月28日(日曜日)。キネマ旬報シアター柏にて、「イマジン」10時丁度の回となります。

以上が現時点で決まっているスケジュールです。今回の3作品、どれも素晴らしい感動作です。是非、お見逃しのないようにと願っております。

イオンシネマ主催のバリアフリー上映会、「あん」のご案内です。‏

チーム柏の今野です。
今回は6月のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。
まずは、今回実施するバリアフリー上映会に至る経過の報告をさせていただきます。今年に入ってからチーム柏へ、イオンシネマさんからコンタクトがありました。全国で約80数箇所で展開しているイオンシネマで、バリアフリーによる上映会を展開したいとのことでした。もちろん、私個人的には、以前から、日本中どこでもバリアフリー上映により、より多くの視覚障害者が楽しめること、また、もっと多くの方々がバリアフリー上映にご理解をいただき、地域の格差がなく、全ての障碍者とそれを支えてくれる人が参加できればと願っておりました。
そこで、イオンシネマさんと、シティーライツ平塚さんの前面協力をいただき、夢への実現に向けての第一歩を踏み出すことになりました。そこで、まずは関東地区での上映会を開催する運びとなりました。是非、お近くの劇場まで足を運び、素晴らしい作品の感動を味わっていただければ幸いです。
もちろん、バリアフリー上映会へのより多くの方々が来られてこその、これからの展開が進みます。是非、お知り合いをお誘いの上、ご参加いただくよう願っております。

それでは、ここからは、千葉地区の開催のご案内です。
(1)日時:5月31日(日曜日)午前の回を予定しております。詳しい上映時間は決まり次第お知らせいたします。
(2)劇場:イオンシネマ市川妙典 (東京メトロ東西線 妙典駅 すぐ TEL 047-356-0205)記念すべき第一回目の開催劇場となりました。
(3)今回は、ご存知壇コタロウさんのガイドでお楽しみいただきます。
(4)料金:障碍者、同伴者、及びお手伝いいただけるボランティアの方も、千円でご鑑賞いただきます。
(5)そして今回の上映作品は、5月30日全国一斉公開「あん」です。少し解説を、

「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。
ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。
しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる。

それでは、ここまでがご案内とさせていただきます。ご参加をご希望の方は、5月24日(日曜日)まで、お申し込み下さい。尚、直接イオンシネマ市川妙典に問い合わせ、お申し込みをいただいても構いません。皆様のご参加お待ち申し上げております。尚、6月14日(日曜日)にはキネマ旬報シアター柏にてチーム柏による同作品のバリアフリー上映会も予定しております。この案内については、改めてのメールを差し上げます。
それでは、どちらかご都合のよい日をお選びいただきご参加いただけますよう願っております。

明日のNHK番組の情報です。ご参考になれば。‏

今野です。皆様、連休中はどのようにお過ごしでしょうか。さて、私自身は、普段あまりテレビは見ないのですが、明日のNHKの番組情報のご案内です。よろしければご覧下さい。また、既にご存知の方、その他、重複してご案内をいただいている方は、ご容赦下さい。
それでは、ここから情報です。→
NHKスペシャル「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」

・放送局:NHK総合
・放送日時:5月3日(日曜日)午後9時から午後9時50分
・番組概要
丹後・里山に生きる60代夫婦の純愛物語。妻は見えず聞こえず・笑いあふれる山の四季。
NHKスペシャル◇ある夫婦の幸せ探しの物語を紹介する。京都駅から電車を乗り継いで4時間。日本海に程近い丹後半島の山あいにある小さな集落に夫婦は暮らしている。
68歳の梅木好彦さんと65歳の妻の久代さんだ。天真らんまんという言葉がぴったりの久代さんと、いつもほほ笑みを絶やさない好彦さん。実は、久代さんは目は見えず、耳は聞こえず、言葉を発することもできない。二人は互いの手を握り、その動きから手話を読み取る触手話によって心を通わせている。そして、美しい自然が残る里山で、田畑を耕し、自給自足に近い生活を営んでいる。久代さんが視力と聴力を完全に失ったのは51歳の時。以来、深い海の底にいるような音も光もない世界で生きてきた。その後、二人は結ばれることになった。番組では、昨年の夏から冬を経て、春を迎えるまでの二人の暮らしを取材。人にとって「幸せとは何か」を見詰めていく。
以上、ここまでがご案内です。ご参考情報になれば幸いです。

5月28日(木曜日)、「朗読を超えた朗読会」のご案内です。‏

今野です。
本日は特別企画のご案内に出て参りました。映画以外でも様々なジャンルでお楽しみいただけるよう、今後色々と企画して参ります。名付けて、「K・Mプロジェクト」、今回はその第一回目として「朗読を超えた朗読会」のご案内です。全盲の舞台女優として活躍されている、水木めぐみさんと、チーム柏でのライブガイドで何度かお世話になった、鈴木大輔さんをお招きしての朗読会を開催いたします。
以下、詳細をご覧下さい。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(1)日時:5月28日(木曜日)12時30分から14時頃までの予定です。
(2)場所:柏駅東口、カラオケシダックス柏店、1階パーティールーム。
(3)料金:お一人800円。ガイドヘルパーさん、若しくは同伴者とのペアチケットは1200円。(ソフトドリンク付き。)
(4)募集人数:32名までとさせていただきます。申し込み順とさせていただきますのでご了承下さい。
(5)演目:世界一続いていると言われている、東海林さだお氏の食べ物エッセイ「丸かじり」シリーズより数編。柚木真理氏の、昭和30年代の東京・下町のある一家が織り成す短編コメディ『にいちゃん、ぼく反省しきれません。』『とうさん、ぼく面倒みきれません。』より数編。ばっかりばっかりオリジナル朗読コント『悪い人じゃないんだけど…』など、愉快な読み物を、朗読を超えた朗読でお楽しみください!!
それでは、ご案内はここまでです。今回は楽しい朗読会になりそうです。是非、早めのお申し込みをお願いいたします。尚、視覚障害者だけではなく、晴眼者の方もどうぞ。
お申し込み、お問い合わせは、このメールに返信、若しくは今野の携帯090-7286-6190までにお願いいたします。
プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR