4月16日(日曜日)、「シン・ゴジラ」 ノーボーダー上映会のご案内です。 

チーム柏の今野です。
続いて、4月16日(日曜日)の「シン・ゴジラ」のご案内です。昨年の大ヒット作品、数々の賞を受賞したゴジラシリーズ29作目の、この作品はたんなる怪獣映画ではなく、現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)(公式サイト キャッチコピーより)を描いた作品です。こちらも、スクリーンでの大迫力と共に、大災害に見舞われた時の、日本国の強靭さを改めて考えていただけるゴジラシリーズの最後の?傑作です。

それでは、ここから。
◇日時:4月16日(日曜日)。午後2時丁度から。
◇場所:キネマ旬報シアター柏。スクリーン3にて。
◇上映方式:こちらも、鈴木大輔さんのライブガイドと、米内山さんのライブ手話、そして字幕版にてお楽しみいただきます。今回は、ノーボーダー上映会として貸切にて鑑賞いたしますので、お知り合いをお誘いの上、多くの方々にご参加いただけますようお願いいたします。
◇料金:チャレンジドと同伴者はお一人千円。
◇作品「シン・ゴジラ」2016年7月公開。解説、「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ。14年のハリウッド版「GODZILLA 」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。


それでは、参加ご希望の方は、
①お名前。出来れば全員のお名前を
②参加人数。チャレンジドと同伴者の別で。
③柏駅から誘導、案内をご希望の方はお知らせ下さい。
以上を、このメールに返信。若しくは、今野の携帯090-7286-6190までにお願いいたします。
それでは、貸切上映となりますので、より多くの方々にお知らせいただければ幸甚です。

4月9日(日曜日)「ゴジラ」バリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。
既にお知らせしておりました、4月9日(日曜日)の「レジェンド・ゴジラ」の上映時間が決まりましたので、改めて参加募集のご案内に出てまいりました。
この作品はご存じ、『ゴジラシリーズ』の記念すべき第1作にして、戦後日本の娯楽特撮の原点。 1954年に公開されるや否や大ヒットを記録し、当時の東宝の初日動員記録を塗り替えた日本映画の金字塔である作品です。是非、劇場のスクリーンでしか体験できない迫力をお楽しみ下さい。

それでは、ここから。
◇日時:4月9日(日曜日)、午後1時40分より上映開始。
◇場所:キネマ旬報シアター柏。スクリーン3にて。
◇上映方式:鈴木大輔さんのライブガイドでお楽しみいただきます。
◇料金:チャレンジドと同伴者はお一人千円。
◇作品:「ゴジラ」1954年(昭和29年)11月3日公開。ジュラ紀の大怪獣か、青年化学者の化学兵器か、脅威と戦慄の一大攻防戦!世界に誇る、日本の怪獣王。最初で最後のバリアフリーライブ上映をお見逃しなく。

それでは、参加ご希望の方は、
①お名前。出来れば全員のお名前。
②参加人数。チャレンジドと同伴者の別で。
③柏駅から誘導、案内を希望される方は、お申し付け下さい。

以上をこのメールに返信。若しくは、今野の携帯090-7286-6190までにお申し込み下さい。 
それでは、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

3月12日(日曜日)「あなた、その川を渡らないで」バリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。
先日はこれからの予定をお送りいたしましたが、急遽、3月にバリアフリー上映会を企画しましたので、ご案内に出て参りました。

今回の上映作品は、韓国のドキュメント作品「あなた、その川を渡らないで」です。
98歳の夫と89歳の妻、誰もがこうありたいと願う夫婦の純愛物語。第21回ロサンゼルス映画祭最優秀ドキュメンタリー作品賞ほか、多くの賞を受賞した作品です。

それでは、ここからご案内。
◇日時:3月12日(日曜日)11時45分より上映開始。
◇場所:キネマ旬報シアター柏。スクリーン3です。
◇上映方式:ご存知、ダンコタロウ氏をお招きして、ライブガイドにてご観賞いただきます。ダンさんならではの、ハイブリットガイドにてお楽しみいただけます。
◇料金:チャレンジド及び同伴者は、お一人千円。
◇上映作品:韓国ドキュメント作品「あなた、その川を渡らないで」劇場公開日 2016年7月30日上映時間86分。
解説。美しい小さな村。川のほとりで暮らす結婚76年目の98歳のおじいさんと89歳のおばあさん。おそろいの洋服を着て、手をつなぎ、いつも一緒に出かけてゆく。
春、山菜を採ってナムルを作る。花を摘みお互いの髪に飾る。
夏、ポーチで昼下がりにお昼寝をする。涼風が吹く縁側に腰かけて談笑する。
秋、庭の落ち葉を掃除する。葉っぱを投げてふざけ合う。
冬、真っ白になった庭で雪合戦をする。凍りついた手に息を吹きかけて温め合う。
いつも笑い声が響き渡る、愛に溢れた生活を送る白髪の恋人。
いまの生活に満足しながらも、日々の気苦労は絶えず、ふたりは小さな心を痛めている。
妊娠してしまった飼い犬。ふたりを心配するあまり喧嘩をしてしまう子供たち。痛みが治まらないおばあさんのひざ。そして、おじいさんの身体。
雨がしとしとと降る日、おばあさんは、ひどくなってゆくおじいさんの咳を聞きながら、「天国でも着れるように」と、たき火におじいさんの洋服を静かにくべるのだった。

それでは、ご案内はここまで。参加ご希望の方は、このメールに返信、若しくは今野の携帯090-7286-6190までに、
①お名前。出来れば全員のお名前。
②参加人数。チャレンジドと同伴者の別でお願いします。
③柏駅からの誘導、案内を希望される方はお申し付け下さい。
④今回が初めての方に限り、当日連絡の取れる携帯番号をお知らせいただければと思います。

それでは、チーム柏とダンコタロウ氏のお薦め作品です。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。
このメールは転送大歓迎です。多くの皆様に是非お知らせいただければ幸甚です。

チーム柏これからの予定です。

チーム柏の今野です。
寒い日が続いております。皆様、お変わりはございませんでしょうか。
さて、このところバリアフリー上映会のご案内も大変ご無沙汰しておりました。良い作品があれば毎週でも、またこれといった作品がない場合は無理して開催をしないという方針を採っておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
と言うことで本日はチーム柏のこれからのご案内に出て参りました。以下、それぞれの開催案内については改めてお知らせいたしますが、皆様のご予定に入れていただければ幸甚です。

それでは、ここから。
4月9日(日曜日)、「ゴジラ」1954年の第一作目です。鈴木大輔さんのライブガイドでお楽しみいただきます。ツタヤでもDVDはありません。伝説のレジェンドゴジラをご期待下さい。

続いて、4月16日(日曜日)、昨年大ヒットした「新ゴジラ」です。単なる怪獣映画ではありません。ライブの音声ガイドと手話弁士でお楽しみいただく「ノーボーダー上映会」です。こちらも大迫力の音響とスクリーンでお楽しみ下さい。

次は4月30日(日曜日)、お待たせしました、昨年度のキネマ旬報ベストテンの邦画第一位に選ばれた「この世界の片隅で」を、お送りします。これも見逃し無く。お薦め作品です。

◇さらに、6月2日(金曜日)、場所を柏文化会館に移してバリアフリー上映会を開催いたします。上映作品はまだ検討中ですが、念願の自主上映会を是非成功したいと願っております。こちらも、よろしくお願いいたします。

以上が映画上映会の予定です。次に、その他のイベントの予定です。
◇2月23日(木曜日)、チャレンジドストレッチ講習会です。まだ受付中です。お問い合わせをお待ちしております。

◇3月23日(木曜日)、チーム柏健康教室として、ボールを使った体操講習会を開催いたします。ギムニクボール体操の講師をお招きしての体験会です。是非、春を目の前にした、この時期身体を動かしませんか。

◇3月27日(月曜日)、恒例のスマホとパソコンの講習会です。若干名のお申込みを受け付けております。ご希望の方はご相談下さい。



以上、チーム柏これからの予定です。それぞれの詳しい案内は改めてお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。
プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR