6月2日(金曜日)手話落語とバリアフリー映画上映の、体験型イベントのご案内です。

チーム柏の今野です。
続いて、チーム柏が始まって以来の大きなイベント開催のご案内です。
今回は、いつものキネマシアターを飛び出して、大きな会場での開催に挑戦いたします。6月の平日ですが、柏市民文化会館推進パートナーズ様との、共催での初めての試みです。題して、障害のある方もない方も、若い方も高齢の方も、一緒に楽しめる劇場体験イベントです。1300人収容の大きなホールでの取り組みです。
果たしてどうなるかは分かりませんが、チーム柏として多くの方々のお力をお借りしての挑戦です。どうぞ、お知り合いの方々をお誘いいただきますようお願い申し上げます。

それでは、ここからご案内となります。
◇日時:6月2日(金曜日)13時から第一部落語講演開始。尚、11時からロビーにて各種、催しを開催しております。詳細は以下に。
◇場所:柏市民文化会館大ホール(JR柏駅東口より、阪東バスにて「慈恵医大柏病院」行き乗車。 体育館入口バス停下車、徒歩2分。
◇イベント内容:第一部、林家とんでん平師匠による手話落語。第二部は、林家たい平師匠主演の「もういちど」のバリアフリー上映会。
◇上映方式:檀鼓太郎氏によるライブガイドをオープン方式にて。また、米内山氏によるライブ手話弁士。そして、聴覚障碍者用の字幕版にてご鑑賞いただきます。
◇料金:どなた様も一律千円。(落語、映画鑑賞を含む)。学生500円。小学生以下は無料。全席自由。
◇上映作品:「もういちど」2014年。解説:主演 林家たい平、福崎那由他、富田靖子、ゴリ(ガレッジセール)、大野百花、渡辺正行、小倉久寛、熊谷真実、三遊亭金馬
◇ストーリー たい平は落語家修行をあきらめ絶望のうちにひとり長屋に流れ着く。そこで出会った心を閉ざした少年さだきちに、ひょんなことから落語を教えることに。最初は仕方なく引き受けたのだが、どんなことにも素直に驚き、一生懸命なさだきちをみて、亡くしてしまった息子を思い出す。いつの間にか親子のように笑い合うふたりは長屋の個性豊かな連中に温かく包まれ、自分を取り戻していく。桜の咲くころの落語会に向けて修行が続く。それはある運命を決める大切な会になるのであった。
※劇中に登場する落語のおはなし 藪入り 時そば 猫の皿 二人旅 みそ豆 初天神 子ほめ たぬき
◇ロビーイベント:映画上映会場となる大ホールロビーにて、視覚・聴覚障害の方のための、日常生活用具の展示や、近隣で評判のパン・お菓子の販売、乾燥しいたけの販売、ワンコインマッサージ体験など、ロビーフロアでの催しも楽しめるスペースも設けます。ロビースペースは11時に開場し、ホールイベントまでの間ごゆっくりおくつろぎください。
出店団体 有限会社ライフタイムズ(携帯型拡大読書器、音声拡大読書器、音声時計、電子ルーペ、テレビが聞こえるラジオ、視覚障害者用ポータブルレコーダー、音声火災警報器、紙幣読み上げ装置、屋内信号装置「シルウォッチ」などの展示)社会福祉法人ワーナーホームわたげワークス/天然酵母パン ペジーブル(パン菓子類の販売)。もみ太郎(ワンコインマッサージ体験)

それでは、ご案内はここまでとなります。参加ご希望の方は、いつものように、このメールに返信。若しくは今野の携帯090-7286-6190。または、ファックス04-7175-5080に、
①お名前、代表者の方のみで構いません。
②参加人数。チャレンジド、同伴者、学生、小学生以下の別でお願いします。
③今回が初めての方は携帯番号をお願いいたします。
④柏駅からの案内誘導を希望される方は、お申込み下さい。

それでは、チーム柏のチャレンジに多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。是非、お知り合いの方々にもお声掛けいただければ幸甚です。

16日(日曜日)の、シン・ゴジラは、急きょ「音感上映」にてお楽しみいただきます。

ーム柏の今野です。
表題の通り、今週末、16日(日曜日)の「シン・ゴジラ」のバリアフリー上映会は、急遽「音感上映」方式での上映をしていただくことになりました。音感上映とは、通常の音量よりも、迫力のある音響システムによる鑑賞方式です。お腹にずしんと響く迫力をご体験下さい。今回はノーボーダー上映会として貸切です。聴覚障碍者の方々にも、体で体験できる迫力の音を体験していただければと思ております。

但し、ライブガイドの声が少し聞きづらくなるかも知れませんが、そこはゴジラ襲来の場面を体で体験していただければと思います。
まだまだ、受付中ですので、お時間のある方、お申し込みをお待ち申し上げております。
また、チーム柏の今後の予定として、16日「シン・ゴジラ」、22日(土)「ラ・ラ・ランド」、30日「この世界の片隅に」、5月14日(日)「湯を沸かすほどの熱い愛」、6月11日(日)「習志野高校吹奏楽福祉コンサート」、そして、6月2日(金)もこのあとご案内いたしますので、どうぞご参加いただけますようお願いいたします。

チーム柏のバリアフリー上映会の時間が決定しました。

チーム柏の今野です。
ご案内しておりました「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅に」の上映時間が決定しました。以下、よろしくお願いします。
◇「ラ・ラ・ランド」:4月22日(土曜日)14時20分より。
◇「この世界の片隅に」:4月30日(日曜日)11時10分より。
以上です。
まだまだ、受付中です。皆様のご参加お待ち申し上げております。

5月14日(日曜日)、「湯を沸かすほどの熱い愛」のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。
続いて5月のバリアフリー上映会のご案内です。
今回の作品は、死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。
著名人から絶賛の声続々!「湯を沸かすほどの熱い愛」を、お送りいたします。「日本アカデミー賞」「報知映画賞」「キネマ旬報ベストテン」等々、主演女優賞を始め、数多くの受賞をした、この作品を是非お見逃しなく。

それでは、ここからご案内となります。
◇日時:5月14日(日曜日)15時丁度からの上映開始。
◇場所:キネマシアター柏。スクリーン1。
◇料金:チャレンジドおよび同伴者は、お一人千円。
◇上映方式:シティーライツさんが制作したガイド音源をFMラジオにてご鑑賞いただきます。
◇作品:「湯を沸かすほどの熱い愛」劇場公開日 2016年10月29日。解説、宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ双葉役を宮沢が、娘の安澄役を杉咲花が演じる。失踪した夫役のオダギリジョーのほか、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎らが脇を固める。

それでは、ご案内はここまでです。鑑賞希望される方は、このメールに返信。若しくは今野の携帯090-7286-6190までに、
①お名前。出来れば全員の。
②チャレンジドとその他の別を。
③今回が初めての方のみ、電話番号をお知らせ下さい。
④当日、柏駅からの案内、誘導を希望される方はお申込み下さい。
以上、多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。

6月11日(日曜日)、第29回習志野高校ブラスバンド部による福祉コンサートのご案内です。

チーム柏の今野です。
続いてのご案内は、お待たせしました、毎年恒例の習志野高等学校ブラスバンドによる福祉コンサート「これぞ吹奏楽」のご案内です。
毎年、チケットピアでは5分で完売し、また当日は、当日券を求めてかなりの人数が早朝から並ぶほどの人気のコンサートです。まだ一度もご覧になっていない方、是非ご参加下さい。

それでは、ここから。
◇6月11日(日曜日)、昼の部12時30分開演(12時開場)。夕方の部16時30分開演(16時開場)。
◇場所:習志野文化ホール
(JR津田沼駅南口徒歩4分)
◇料金:お一人2千円。同伴者も同じ。
◇鑑賞方式:ご存じ、檀鼓太郎氏と習志野高校吹奏楽部のOGの方、おふたりでのディスクジョッキー方式でライブガイドです。これは、絶対のお薦めです。貸出ラジオにてお楽しみ下さい。
◇正式のチケット販売は5月の連休後になりますが、チーム柏として事前に特別申し込みをさせていただけることになりました。以下の内容にて申し込みを受け付けますので、よろしくお願いいたします。
◇昼の部:30席限定となります。チャレンジドとガイドヘルパーさんのみにて受付しますので、晴眼者の方はご理解の上、ご了承下さい。
◇夕方の部については、お申込み状況にて、主催者にお願いしますので、まずはお申込み下さい。

以上、申し込み多数の場合は、勝手ながら抽選になる場合がございますので、何卒、ご了承下さい。
それでは、このメールに返信。若しくは今野の携帯090-7286-6190までに。
①お名前。出来れば同伴者も
②初めての方は、携帯番号をお知らせ下さい。
③当日、JR津田沼駅から誘導、案内を希望される方はお知らせ下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

4月22日(土曜日)、「ラ・ラ・ランド」のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。
既にご案内をしておりました「ラ・ラ・ランド」、お待たせしました。申し込み受付を開始いたします。題名の「ラ・ラ・ランド」とはロサンゼル
スのこと。『セッション』でアカデミー賞3部門に輝いたデイミアン・チャゼル監督によるミュージカル映画。ロサンゼルスを舞台にジャズピアニストと女優の恋模様が描かれる。ムード溢れる音楽とダンスで描くポップでカラフルなラブ・ストーリー。
2作目となるこの作品も今年のアカデミー賞では監督賞、主演女優賞など数多くを受賞した映画史に残るミュージカル作品です。是非、是非お見逃しなく。

それでは、ここから。
◇日時:4月22日(土曜日)上映開始時間はまだ決まっておりませんので、改めてお知らせします。
◇場所:キネマシアター柏。スクリーン1にて。
◇上映方式:ご存じ檀鼓太郎氏によるハイブリット音声ガイドをライブにてお送りします。
◇料金:チャレンジドと同伴者は、おひとり千円。
◇作品:「ラ・ラ・ランド」2016年米国。128分)。アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
ハイウェイの渋滞に業を煮やした人々が踊り出すプロローグのダイナミックなミュージカルシーンは、運搬橋を舞台にキャラバン隊が踊る「ロシュフォールの恋人たち」を連想させる。一方、エピローグで恋人たちの数年後に話が飛ぶところは、「シェルブールの雨傘」を思わせる。ジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画へのオマージュがブックエンドをなす「ラ・ラ・ランド」には、他にも「バンド・ワゴン」のエレガントな公園のダンスから「世界中がアイ・ラヴ・ユー」の空中浮遊まで、新旧ミュージカル映画のエッセンスが詰め込まれている。が、デイミアン・チャゼル監督の本領はそうした引用のうまさではなく、リアルな描写からファンタジーへとミュージカルシーンをなめらかに昇華させるテクニックを心得ていることだろう。恐るべき32歳だ。新旧ミュージカル映画のエッセンスが詰め込まれている映画史に残るかもしれないこの作品を是非ご鑑賞下さい。

それでは、お申込み、お問い合わせはこのメールm-s-t-k-420@ktf.biglobe.ne.jpに返信。若しくは今野の携帯090-7286-6190までどうぞ。尚、今週末9日(日曜日)の「ゴジラ1954年」も、16日(日曜日)の「シン・ゴジラ」も、まだまだ受付中です。
以上よろしくお願いいたします。

5月7日(日曜日)、チーム柏の野外懇親会のお誘いです。

チーム柏の今野です。
本日は、野外での懇親会のお誘いです。5月のさわやかな青空の下、バーベキューを楽しみませんか。以下、ご案内です。日頃の運動不足解消をかねてウォーキングーとバーベキューを企画しました。是非ご参加をお待ちしております。

それでは、ここから。
日時:5月7日(日曜日)。10時に東武野田線清水公園駅の西口に集合。30分ほどの散策を楽しみながらバーベキュー会場へ。11時よりスタート。14時ごろ解散
◇場所:野田市清水公園内、バーベキュー会場。屋根付きですので、雨天決行。
◇参加費:「手ぶらでバーベキューセット」おひとり2400円。飲み物などは別途販売しておりますが、お好きなものをご持参下さい。
◇募集定員:10組20名。今回はボランティアさんはおりませんので、チャレンジドの方はガイドさんやお知り合いの方とペアでのお申し込みをお願いいたします。


ご案内はここまでです。チーム柏の初めてのこころみとなります。映画やパソコン講習会、健康教室などにご参加いただいている皆様との懇親会です。是非、多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。
お申し込みは、このメールに返信。若しくは携帯にお願いいたします。先着順にて承ります。
プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR