9月18日(月・祝)「関ヶ原」チーム柏のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。お待たせいたしました。9月のバリアフリー上映会のご案内です。
今回は劇場がいつものキネマシアター柏ではありませんので、ご注意下さい。

それでは、ここからご案内となります。
◇日時:9月18日(月・祝)上映開始は11時30分ごろを予定しております。尚、正式に決まりましたら、改めてのご連絡となります。
◇場所:ムービックス柏の葉。つくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅下車すぐ。隣接しているLaLaポート柏の葉4F。
◇上映作品:「関ヶ原」公開日2017年8月26日。上映時間149分。配給 東宝、アスミック・エース

◇作品紹介:(映画公式HPより)~~~~~~~~~~~~~~~~
■イントロダクション
司馬遼太郎原作
累計部数590万部超の"国民的ベストセラー"初の完全映画化!!

戦国史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」。これまで映画、ドラマでは何度も取り上げられてきた天下分け目の決戦だが、真正面から戦い自体を描いたのは日本映画史上初めての挑戦!
監督には、『日本のいちばん長い日』(15)などで知られる巨匠、原田眞人。
25年もの長きにわたり映画化を熱望、岡田准一、役所広司、有村架純といった豪華キャストを迎え、司馬遼太郎原作の大ベストセラーが遂に完全映画化。

「純粋すぎる武将」石田三成には、今や国民的俳優となった岡田准一。
ただ正義を信じ、不器用で人間味のある、新たな「三成」が誕生した!
対する徳川家康には、日本映画界を代表する名優、役所広司。自身が初めて挑むという家康役を、度量たっぷりに魅力的に演じる。
そして三成に仕える忍び・初芽には、今、最もオファーが絶えない女優、有村架純。初の本格時代劇で、殺陣などのアクションにも挑戦している。
三成の右腕として勇猛果敢に戦う島左近には平岳大。合戦の命運を握る小早川秀秋に東出昌大。

本作は、これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を、新しい解釈と共に描く。
石田三成を「正義を信じ、愛を貫く純粋すぎる武将」として中心に据え、徳川家康を「野望に燃え、天下取りを目論む武将」として対極に置き、関ヶ原の命運を握る小早川秀秋もこれまでのイメージとはまったく違う「義を貫こうとする」武将として打ち出す。
また、初芽や蛇白、北政所など女性たちも戦いの命運を握る重要な役回りとして、物語に深みをもたらしている。史上最大の合戦「関ヶ原」に向かう、武将たち、女たちの"未来に向けた想い"、ここに「関ヶ原」の誰も知らない「真実」が描かれる!


◇上映方式:今回の作品はudcast対応作品です。貸出用ラジオにてご鑑賞いただきます。尚、スマホをご持参いただいても構いません。詳しくは申し込みの際、お問い合わせ下さい。また、ご自身のFMラジオをお使いになる場合は周波数88,5に合わせて下さい。
◇鑑賞料金:チャレンジドとガイドヘルパー及び同伴者お一人まで千円。晴眼者の方々は、それぞれの鑑賞料金にてお願いいたします。また、この上映会のお手伝いをいただける晴眼者の方は、千円とさせていただきます。お申込みの際お申し出下さい。
◇チーム柏活動協力金のお願い。:今回からラジオ貸し出しをご希望の皆様にお一人百円のご協力金をお願いしたいと思っております。チーム柏として、ラジオのメンテナンス、イヤホーンのグレードアップ、乾電池の購入資金などの活動資金としてお願いしたいと思います。何卒、ご理解いただけますようお願いいたします。

それでは、ご案内はここまでとなります。
参加ご希望の方は、
①お名前。出来れば参加者全員が分かればお願いいたします。
②参加人数。チャレンジドと晴眼者の別でお願いします。
③今回が初めての方のみ、連絡できる携帯番号をお願いいたします。
当日、柏の葉キャンパス駅からの案内、誘導をご希望の方はお申し付け下さい。

以上を、このメールm-s-t-k-420@ktf.biglobe.ne.jpに返信。若しくは、090-7286-6190今野までお願いいたします。
尚、今回の劇場「ムービックス柏の葉」ですが、下の階は充実したフードコーナーとなっております。上映前、上映後のお食事もお楽しみいただけます。
それでは、多くの皆様との鑑賞できますよう願っております。

よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にや
って良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートする
ことが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考
えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に
至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと
。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精
神的に何らかの障碍を持っておられる方も、、つまり全ての人間が、互いに相手のこ
とを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出
来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のために
は、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観
賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな
鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会で
す。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、
「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会
を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多
くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、、できる範囲
でお手伝いしてみたい、、、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、、、当等、どの
ようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR