12月19日(木)バリアフリー上映会のご案内です。上映作品は「四十九日のレシピ」

12月19日(木)バリアフリー上映会のご案内です。上映作品は「四十九日のレシピ」

チーム柏の今野です。早速ではありますが、次回のバリアフリー上映会のご案内をさせていただきます。今年最後の開催となりますので、皆様のご参加をお待ちしております。それでは以下の内容をご確認の上、お申し込み下さい。尚、このメールにてご案内が届かない方もおられます。ご興味のある方にお伝えいただければ幸いです。
では、日時詳細をご案内いたします。
①日時:12月19日(木)10時40分上映開始。
②上映作品:日本映画「四十九日のレシピ」上映時間129分。
③場所:TKPシアター柏。上映スクリーンは決まり次第改めてお知らせいたします。
④当日はおなじみ、檀鼓太郎さんのライブガイドでお楽しみいただきます。
⑤観賞料金」障害者、健常者、年齢に関わらず、お一人千円です。
⑥FMラジオはどなたでも無料で貸し出しいただけますが、もしご自宅で使用している携帯FMラジオ若しくはICレコーダー(ラジオ機能付き)をイヤホーンとご持参いただいても構いません。その際は周波数88,5MHZに合わせて下さい。当日スタッフがお手伝いいたします。もちろん予備のためにFMラジオをご用意はしておりますのでご安心を。この方法ですと、ご自分のお好みに合わせたイヤホーンで楽しみいただけます。例えば、骨伝導イヤホーンとか耳に負担のないタイプもあります。これからのバリアフリー上映をストレス無しでお楽しみいただけるよう、ご相談下さい。
⑦待ち合わせの場所についてですが、受付を速やかにできるよう映画館でのスタッフを充実させたいと思いますので、今回からTKPシアターの場所がお解りの方は直接お越しいただければと思います。もちろん初めての参加者や誘導ご希望の方は、従来通り柏駅中央改札前のみどりの窓口付近にお越しいただければ誘導いたしますので、申し込みの際にどちらかをお知らせ下さい。

それではここで、少し作品の解説をいたします。
▼解説: NHKドラマとしても放映された伊吹有喜原作の小説を、『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキ監督が映画化した感動作。母が亡くなりそれぞれに傷を負いながらも、四十九日までの日々を過ごす間に再生への道を歩み始める家族の姿を描き出す。主人公に、『八日目の蝉』で高い評価を得た永作博美。その父親を石橋蓮司が演じ、二階堂ふみや岡田将生ら若手俳優も共演を果たす。」新旧の演技派俳優が豪華共演を果たした繊細な人間ドラマが心に響く。

以上、内容をご確認の上、申し込み専用アドレス<k.mstk420@gmail.com> 若しくは、携帯電話<090-7286-6190>今野まで、以下のお申し込み内容をお伝えください。
①お名前、ハンドルネームでも構いません。
②参加人数。できれば障害者と健常者の別をお知らせ下さい。
③当日、柏駅からTKPシアターまでと上映終了後のお帰りの際の柏駅までの誘導をご希望の方はお知らせ下さい。
④映画館をご存知ない方は、10時丁度に、柏駅中央改札前のみどりの窓口付近でご集合下さい。
直接映画館にお越しの方は、当日は9時30分頃から喫茶ロビーにてお待ちしておりますので、遅くとも10時10分ぐらいまでにお越し下さい。
どちら場所にお越しいただくかを申し込み時にお知らせ下さい。
⑤今回は、終了後に檀鼓太郎さんを囲んで(今野もおりますが)映画の話や色々とお話をする時間を設けます。近くのお店でランチを食べながらの懇親会といたします。ご注文はそれぞれにてお願いいたします。約1時間ぐらいと考えておりますので、事前にお申し込み下さい。皆様と改めて話ができればと願っておりますのでご参加をお待ちしております。尚申し込み順で定員16名とさせていただきますので、是非ご参加をお待ちしております。場所については、改めてご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。

それでは以上をご確認の上、前日18日までにお申し込みください。。
メールにてお申し込みをいただいた方には、折り返し受付確認のメールを差し上げますので、何らかの不具合で受付確認メールが届かない場合は、<携帯電話090-7286-6190>今野までご連絡いただければと思います。
以上、チーム柏、バリアフリー映画上映会のご案内とさせていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR