バリアフリー映画上映会のご案内 [2013年10月17日(木)]

「チーム柏」の今野です。先日の上映会に参加された皆様、ありがとうございました。また、ご都合がつかず参加されなかった皆様、またお会いできることを楽しみにしております。

さて、本日は次回の上映会のお知らせです。次回は10月17日(木)と11月2日(土)の両日にて予定をしております。皆様のご参加をお待ち申し上げております。以下の内容をご覧の上、申し込み専用アドレス:mstka420@yahoo.co.jp宛にお申し込み下さい。
それでは、ここでは10月17日(木)のご案内をさせていただきます。11月2日(土)については、この後のご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。それでは、ここから本文です。

(1)10月17日(木)TKPシアター柏のシネマ3(2F)にて、10時丁度からの回を予定しております。
(2)上映作品は「男はつらいよ」シリーズ第11作の寅次郎、勿忘草となります。
(3)当日はご存知、檀鼓太郎(ダンコタロウ)さんのライブガイドでお楽しみ下さい。料金はお一人千円。同伴者、健常者も同じ。
(4)当日は、上映40分前の9時20分に、柏駅みどりの窓口付近。若しくはTKPシアターロビーのどちらかにて集合して下さい。

それでは、この作品について少し。男はつらいよは全49作品が作られましたが、その中でも浅岡ルリ子のマドンナが一番の人気となってます。もちろんマドンナ役での出演も最多となります。

作品内容は、満男のためにピアノが欲しいという、さくらの願いを叶えるべく、寅さんが奔走して手にいれてきたのは玩具のピアノだった。結局、それが大騒動へと発展し、北海道へ旅立った寅さんは、旅回りの歌手・リリー(浅丘ルリ子)と出会う。浮草稼業のリリーは、寅さんと意気投合する。寅さんは地道に生きようと、酪農家で働
くが三日と持たずに柴又へ帰ってくる。そこへリリーが訪ねて来て、寅さんとの再会を喜び合うが、何やら訳あり風の二人に周囲の目は…
 寅さんと同じ境遇の旅回りの歌手・リリーこと松岡清子が初登場。北海道の網走で 出会った二人は、その後、何度も旅先でさまざまなドラマを展開していくことになる 。寅さんが北海道の牧場で堅気になろうと酪農の手伝いを始めるが、それが果たして 持続するかは別。家庭に縁の薄いリリーが柴又で団らんを過ごす。

マドンナ
浅丘ルリ子
ゲスト
織本順吉、毒蝮三太夫
ロケ地
北海道網走市

以上がご案内となります。ご参加希望のかたは、
①お名前
②参加人数
③視覚障害者か晴眼者の内わけ
④集合場所について
⑤誘導ボランティアさんの必要な方
⑥終了後のラ ンチを食べながらの懇親会への参加申し込みの希望
以上を添えて、お申し込み下さ い。また、このメールをお知り合いの方に転送大歓迎です。それでは、お一人でも
多くの方のご参加をお待ち申し上げております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR