1月31日(金)TKPシアター柏でのイギリス映画「アンコール」のバリアフリー上映会のご案内です。

チーム柏の今野です。おはようございます。
今回も次回のバリアフリー上映会のご案内に出て参りました。昨日「永遠のゼロ」のバリアフリー上映会が終了したばかりですが何とぞ御容赦下さい。
それでは、次回はTKPシアターに戻って、檀鼓太郎さんのライブガイドでの開催となります。ではここから内容です。皆様のお申し込みをお待ち申し上げております。

(1)日時:1月31日(金)上映会市は10時40分。10時までにお越し下さい。
(2)場所:TKPシアター柏にて
(3)上映作品」イギリス映画「アンコール」昨年6月公開作品。
(4)今回は皆様お待ちかねの、檀鼓太郎さんのライブガイドでお楽しみいただきます。尚、字幕盤ですが、檀さんがお一人でセリフからガイド音声まで大活躍される「ハイブリット音声ガイド」です。どうぞお楽しみにして下さい。
(4)料金:全ての方、千円となります。
(5)ここで作品紹介を少し。檀さんそして今野のお薦めの一本です。
▼映画『アンコール!!』
◎作品紹介
“アンコール!!”それは、あなたを呼び戻 す声。
客席に<拍手と感動>の魔法が降り注ぐ、想定外のカムバック・エンタテインメント!!
2012年、トロント国際映画祭。クロージング作品の上映終了後、会場は涙と笑顔で溢れていた…。いよいよ日本にもその感動がやってくる!

イギリスが生んだ世界的名優テレンス・スタンプと、ヴァネッサ・レッドグレイヴを迎え、英国アカデミー賞新人賞ノミネートの新鋭ポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督が、みずから脚本も手がけた半自伝的物語。

ポップやロックを歌う合唱団を舞台に、一組の老夫婦とその家族や仲間たちが、何かに傷つきながらも<もう一度人生を楽しむ>、共感度100%の愛すべき【カムバック・エンタテインメント】が、ここに誕生し た。

大切な人のため。自分のため。人生の輝きを取り戻すのに、遅すぎることなんて絶対ない。
胸を打つ“歌”の数々、元気と勇気がわきあがる予想もつかない結末に、涙の大拍手!

世界中に数々の合唱団が実在するが、本作の“年金(ネンキン)ズ”が歌うのは、懐かしいロックやポップのヒット曲。
シンディ・ローパーの「トゥルー・カラーズ」、スティーヴィー・ワンダーの「サンシャイン」、そして、ビリー・ジョエル、ルーファス&チャカ・カーン・・・などなど。誰もが一度は聞いたことがあるメロディに、思わず 一緒に歌い、踊り出したくなってしまう。
さらに、エンディングを締めくくる主題歌は、『タ イタニック』でも有名な世界の歌姫セリーヌ・ディオン。
本作のために書き下ろした新曲“Unfinished Songs(終わらない歌)”が放つ力強い光は、映画 を観終わった後も心を明るく照らし続けてくれる。


◎あらすじ:
頑固じいさんが歌う、世界でいちばん 不器用で、世界でいちばん泣ける歌。

舞台は、ロンドン。
無口で気難しいアーサーは、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャクしている。唯一、笑顔を見せるのは、最愛の妻マリオンにだけ。
病弱だが陽気なマリオンの趣味は、ロックやポップに挑戦するちょっと変わった合唱団“年金(ネンキン)ズ”で歌うこと。
ある日、“年金ズ”が国際コンクールのオーディションに出場することに!
しかし、喜ぶマリオンに、なんとガンが再発したという告知が…。
練習に行けないマリオンのたっての頼みで、アーサーは、妻の代わりに渋々合唱団の扉を叩く。
美人なのに恋愛ベタな音楽教師エリザベスや、個性派だらけの仲間との出会いは、アーサーの毎日を思いもよらない方向へ連れて行く・・・。
間近に迫ったコンクール。
マリオンがアーサーにどうしても伝えたかったこととは?そして、自分の殻に閉じこもっていた72歳のアーサーを待ち受ける、新たな人生のステージとは…?!

以上、どうぞお楽しみに!

以上ですが、是非皆様と感動したい作品です。
それでは、以下をご確認の上、申し込みまたはお問い合わせは、このメールに返信、若しくは今野の携帯:090-7286-6190までお願いいたします。
①お名前。ハンドルネームでも構いません。
②参加人数。出来れば障害者と晴眼者の別をお知らせ下さい。
③柏駅から誘導希望のかた、または柏駅での集合を希望される方はおお申し付け下さい。
④終了後のお茶会(ランチですが)への参加希望者はお申し込み下さい。

それでは皆様の参加お申し込みをお待ちしております。また、このメールでのご案内が届かない方もおられますので、お知り合いの方でご興味のある方にもお伝えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。:チーム柏今野

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR