『世界の果ての通学路』バリアフリー上映のご案内

チーム柏の今野です。先日の「最強の二人」如何でしたでしょうか。また、ご都合が悪く、参加いただけなかった皆様には、次回のご参加をお待ちしております。
さて、本日は大変お世話になっているシティーライツの平塚さんよりバリアフリー上映会のご案内がありました。色々なメーリングリストにて情報は伝わっているかもしれませんが、是非チーム柏の皆様にもお伝えしていただければとのことですので、以下に貼り付けます。都内銀座での開催ですので、参加は無理な方もおられるとは思いますが、まずは情報としてご案内をさせていただきます。もし、ご参加ご希望の方がおられましたら、私とご一緒いたしませんか。申し込みも今野までにいただければまとめて申し込みをいたします。それでは、ここからご案内となります。

▼シティ・ライツ事務局 平塚です。

4月12日より公開の新作ドキュメンタリー映画
『世界の果ての通学路』のバリアフリー上映実施のご案内です!

シネスイッチ銀座にて、
4月28日(月曜日)と、5月6日(火曜・祝日)の2日間、両日とも10時20分~の回で、日本語字幕+英語字幕付き、FMラジオによる音声ガイド+字幕朗読が付いた、バリアフリー上映を実施します。

地球上の異なる4つの地域で、数10キロの過酷な道のりを経て学校へ通う子どもたちの真っすぐな姿を追ったドキュメンタリーです。
国を越え、世代を越え、障がいを越え、何のために「学ぶ」のか?などを語り合い、考えるきっかけにしていただければ幸いです。

音声ガイドと字幕朗読、当日のラジオ貸出等のオペレーティングを、シティ・ライツが協力します。
地方の劇場での上映や、公開後のホール上映等のご相談にも応じますので、ご興味のある方は遠慮なくお問い合わせください。

以下、ご案内です。
なお、この情報はコピー・転送許可いたします。
お知り合いの方々にも、是非、お知らせください。
-----------------------------

□『世界の果ての通学路』バリアフリー上映のご案内
(英語字幕・日本語字幕/FMラジオによる音声ガイド+字幕朗読付き)

劇場: シネスイッチ銀座(中央区銀座4-4-5)
 交通アクセス 地下鉄銀座駅A10番から徒歩1分(和光ウラ通り)
        JR有楽町駅銀座口から徒歩10分
日時: 4月28日(月曜日)/5月6日(火曜・祝日)
上映時間:両日とも、10時20分~の回のみ
鑑賞料 1000円(介助者も一律)
※音声ガイド+字幕朗読は、FM周波数88.5MHzで放送します。
(当日、劇場にてラジオの貸出を行っています。
 小さなお子様も含め、希望者の方々にお貸出いたします。)

鑑賞作品:『世界の果ての通学路』
(2012年/製作国:フランス/77分)監督:パスカル・プリッソン

地球上の異なる4つの地域で、数10キロの危険な道のりを経ての通学し、学校で学ぼうとする子どもたちの姿を追ったドキュメンタリー。
ケニアの15キロメートルのサバンナを命がけで駆け抜けるジャクソン、360度見渡す限り誰もいないパタゴニア平原を、妹と一緒に馬に乗って通学するカルロス、モロッコの険しいアトラス山脈を越え、友だち3人と寄宿舎を目指すザヒラ、
幼い弟たちに車椅子を押されながら、舗装されていない道を学校に向かうインドのサミュエル。
4人の子どもたちの学習に対する意欲の高さや、子どもたちを支える家族の愛情を映し出していく。

以上、ご案内とさせていただきます。重複のご案内をされた方には何卒ご容赦下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR