せせらぎの原稿

チーム柏の今野です。
この、音声ガイド付きで映画を鑑賞する活動をスタートしたのは昨年の5月でした。実は、朗読サークルさんより送っていただいた「柏市民新聞」のデイジー録音版を聞いていたところ、劇場が再開されるとの情報を耳にしたのがきっかけでした。
早速、迷わずに映画館への電話をすることから始めました。数日後、劇場のロビーで会っていただいた当時の支配人ですが、白杖を持った私が「是非、私たちのような視覚障害者にも映画を鑑賞する機会を与えていただけないか?」との申し出にとまどっていたのも事実です。
それでも、何とかご理解をいただき、まずはやってみようということになりました。第一回目は5月のある日、「宇宙兄弟」を・・・ということになりました。柏視覚障害者協会の方々にお誘いをしたのですが、内心、どれほどの方が参加いただけるか不安で仕方がありませんでした。そして、迎えた当日、ガイドヘルパーさんを含め約20名ほどの方々にお越しいただけることができました。この時の感動は忘れることが出来ないものです。そして、これから続けていくことが大切だと決意をしたのです。
それでも、当初は一般のお客様にご迷惑を掛けないようにと、平日の朝一番の上映時間に開催することとなりました。高島屋さんのエレベーターがまだ動き出す前の時間帯のため、駅からの誘導やご案内に苦労したのも、今となっては良い思いでです。そして、回を重ねる毎に、参加される人数も増え、また参加していただく皆様のお住まいも柏だけではなく、遠くは八王子や茨城の水戸、埼玉からも、そして都内からも・・・数えきれないくらい広い範囲に広がっております。
そして、視覚障害者の方々だけでなく、この活動にご理解をいただける晴眼者の方、地域の老人会の皆様等々、本当に多くの方に知っていただけることができました。もう、あれから一年半がたちましたが、その間映画の鑑賞だけでなく、今年の7月には市立柏高等学校のサマーコンサートにも、10月には、時代劇の舞台公演にもバリアフリー観賞を取り入れていただくことが出来ました。先月にはチーム柏の仲間による自前の音声ガイド作りにも挑戦いたしました。また、おおたかの森にあるTOHOシネマズでのバリアフリー上映にも東宝さんよりお声掛けををいただくことも出来ました。今回の原稿依頼をいただいたことで、今までの上映会を改めて調べてみたのですが、35回は超えておりました。あっという間の一年半でしたが、これからも多くの方々と出会える場を作るために、チーム柏の活動が少しでもお役にたてればと願っております。

最後になりますが、先月、お声がけをいただき、新宿にある東京ガスの主催による、イベントに参加してきたのですが、そこでの内容は、「バリアフリーによる映画鑑賞が認知症の予防と改善に役立つことが出来る」との講演でした。これは「回想法」の一環としての取り組みの中での効果があるとのことです。これについては、またどこかでお話をさせていただける機会があればと思っておりますが、私たちの行っているこの活動は様々な可能性を持っていることを改めて自覚するものでした。
これからも、チーム柏の取り組みにご理解とご協力をいただけますようお願いをいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム柏スタッフ

Author:チーム柏スタッフ
バリアフリー上映会を主な活動としてサークルを立ち上げてから丸3年目も過ぎようとしております。
毎回、多くの方にご参加いただき、そして多くの方と知り合うことができ、本当にやって良かったと心からの感謝の気持ちで一杯です。
そして、今年1月からは、新たな歩みとして「ノーボーダー上映会」もスタートすることが出来ました。これについては、チーム柏が発足して間もない時から僕自身は考えていたことでした。しかし、色々な方からのご理解もいただくことが難しく、今に至りました。
しかし、障碍の枠にとらわれず、「お互いに知ること。」「お互いを理解しあうこと。」そして、「気付きに出会うこと。」それは、視覚障害者だけでもなければ、聴覚
障害者でもなく、所謂、健常者の方も、身体に障碍を持っておられる方、知的に、精神的に何らかの障碍を持っておられる方も、つまり全ての人間が、互いに相手のことを知り合うことから始まると思います。
そんな出会いの場として、名づけて「ノーボーダー上映会」をスタートすることが出来ました。これは、視覚障害者のためには副音声でのガイドを、聴覚障害者のためには、邦画でも字幕版にての上映、そして、もう一つ、ライブによる手話弁士による観賞を取り入れて、また、少し字幕などが見えず楽なった方にも、そして映画の新たな鑑賞法として楽しみたい方にも、すべての方に観賞いただけるバリアフリー上映会です。
全国でも始めてのこの取り組みを是非これからも継続していくつもりです。そして、「柏モデル」として、各地に広がっていくことができればと夢見ております。
もちろん、この活動には、劇場さん、ボランティアさん、そして何よりもこの上映会を楽しみにしておられる多くの皆様のご協力とご理解があればこそです。どうぞ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。是非、一度参加してみたい、できる範囲でお手伝いしてみたい、地元でもこの活動を立ち上げてみたい、当等、どのようなことでもご連絡いただければと願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者数表示
このサイトのアクセス数を表示しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR